実践ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングを中心に資産運用全般について。分散投資でリスクを抑えながら、インカムゲインとキャピタルゲインを目指します。

分別管理

分別管理と破綻時の投資家保護 ーおひさまファンドへの行政処分の理由ー

昨年5月におひさまファンドが証券取引等監視委員会の検査結果に基づき金融庁から行政処分を受けました(金融庁:おひさまエネルギーファンド株式会社に対する行政処分について)。法令違反の内容は2点。
1.適切な分別管理を実施していない商品を販売していた(第2種金融商品取引業者は分別管理されていない商品の販売を禁止されている)
2.当局へは適切な分別管理を時意思していると虚偽の報告を行った

本件のうち特に以下の内容は衝撃的です。
「〜事業利益が発生しておらず、契約上、現金分配を行うことができない事業状況であったにもかかわらず、目標に沿った現金分配を行ったことに伴い、一部の本件ファンド間で資金の貸借が行われてファンドからの現金分配に充当されるなど、本件ファンドの出資金の管理には不適切な状況が認められた。」
つまり、他のファンドへの出資金を流用して利益の出ていないファンドの分配金に当てていた、ということのようです。

これに対して、当初おひさまファンド側は
私的な流用や、資金の消失は認められない」、「実態のない事業に対する出資募集ではなく悪質なものではない」とのお知らせを出しています。意図的な悪意のある詐欺行為じゃない、ということを言いたいのだと思います。
bunbetuzu3
(おひさまファンドの上記「お知らせ」から抜粋)
投資家の立場からすると、悪意があろうがなかろうが自分の投資しているファンドの資金を他のファンドの分配に回したり、その逆が行われているのはとても容認できません。最初は今回だけと思っていても次に同じような状況になった際にまた必ず同じことが起こるとしか思えません。それが常態化するとまさに自転車操業で立派なポンジースキームへ一直線です。

厳正な分別管理を実施することは、事業者による私的な流用を防ぐだけでなく、ファンド間の資金の流用によるポンジースキーム化を防止する上で重要です。事業者破綻時の効果は余り期待できないですが、やはり投資家保護上重要な制度です。
ソーシャルレンディング各社も適切な分別管理が実施されているかどうかを定期的に第三者にチェックを受けるような対応を検討して欲しいです。クラウドクレジットの取り組みが拡がって欲しいですね。

分別管理と破綻時の投資家保護 ーあるファンドの重要事項説明書からー

各社の状況を確認してみると、適切に分別管理を実施したとしても、破綻時は投資元本が棄損する可能性が高そうです。
この点について、ソーシャルレンディングファンドではないですが、私が投資している別の匿名組合ファンドの重要事項説明書でより分かり易く記載されているものがありましたので、参考までに抜粋してみます。(一部省略しています。またこのファンドでも分別管理は実施されています)

「本匿名組合に係る財産の所有権はすべて営業者に帰属し、匿名組合員たる投資者はこれに関して持分又は所有権その他のいかなる権利も有しておらず、営業者に対して債権を有しているにすぎません。したがって、仮に本事業が順調に推移していたとしても、本事業以外の事業の失敗その他の要因により営業者の財務が破綻した場合、破産法上の破産手続、民事再生法上の再生手続、会社更生法上の更生手続、その他の法的倒産手続においても、投資者は他の一般債務者と同様の地位に立ち、その時点までに分配された現金分を除き、残りの出資の一部又は全部が回収できないおそれがあります。」

かなり明確に記載されています。maneoの重要事項説明書の記載にもありましたが、匿名組合に出資したらその資金は営業者の資産に組み込まれてしまうので、営業者が破綻したら当然出資金に大きな影響を与えることになります。しかも一般債権者と同じ地位ということなので、個人投資家が投資元本を確保することは不可能でしょうし、かなりの確率でほとんど回収できないと思います。

匿名組合を利用するソーシャルレンディングに投資する場合、運営企業の破綻は投資元本の棄損につながる可能性が高いので、運営企業の経営状況というのは非常に重要な投資基準になります。にも関わらず、現状各社が公開している財務諸表は第三者のチェックを受けていないるかどうかの記載がないので、どの程度信用できるか判断がつきません。ぜひ改善を望みたいです。(唯一の例外は監査法人の監査を受けているクラウドバンクです)

しかし、そうすると分別管理はなんのためにあるのでしょうか?
 

分別管理と破綻時の投資家保護 ークラウドクレジットー

クラウドクレジットはFAQ「よくある質問」に分別管理や破綻時の対応について触れられている項目がありません。この点はサイトの作りが不親切ですね。契約書と重要事項説明書で確認してみます 。

分別管理について契約書に実施する旨の記載がありますが、 特筆すべきは重要事項説明書分別管理の詳細の記述があることです。以下は、私が投資しているペルー・小口債務者支援プロジェクト2号の例です。

---------------------------------------------(ここから)----------------------------------------------
a)分別管理の方法

本出資持分に関し出資された金銭は、以下に記載する預金口座へ預金する方法によって、本営業者の固有財産その他本営業者の行う他の事業 に係る財産とは分別して管理されます。

銀行等の商号 三菱東京 UFJ 銀行
営業所の名称 六本木支店

および所在地 港区六本木 4-9-7

預金の名義 ペルー・小口債務者支援プロジェクト2 

b)分別管理の実施状況および当社が当該実施状況の確認を行った方法
前記の預金口座はすでに開設済みですので、出資金の払込みを受け次第、前記(a)に記載する方法による分別管理が実施される予定です。
今後は、本営業者の口座預通帳と出資申込に関する資料、匿名組合契約書および所在地東京都及び仕向送金計算等の照合などの監査を実施した監査法人の報告書の開示を 受けることにより、当該分別管理の実施状況を確認する予定です。 
---------------------------------------------(ここまで)----------------------------------------------
具体的な口座情報を提供し、さらに今後は監査法人による監査を実施するということです。第三者によるチェックを実施する姿勢は高く評価したいです。

一方破綻時の対応については、契約締結前交付書面の以下の記載が確認できただけでした。
---------------------------------------------(ここから)----------------------------------------------

(倒産手続等のリスク

本営業者について、倒産手続の開始、その財産についての仮差押えもしくは差押え、またはこれに類する処分がなされた場合、本事業の遂行に重大な支障が生じ、本事業における収益の減少または費用の増加がもたらされるおそれがあります。本ローン貸付債権の回収は、本ローン貸付債権に係る債務者である 本ローン借入人の財産のうち、本ローン借入人が本貸付債権の回収又は売却その他の方法による換価により取得した金銭のみを引当てとして行われるところ、本ローン借入人について、倒産手続の開始、その財産についての仮差押えもしくは差押え、またはこれに類する処分がなされた場合、本ローン貸付債権の回収に重大な支障が生じ、本事業における収益の減少または費用の増加がもたら されるおそれがあります。 

---------------------------------------------(ここまで)----------------------------------------------
倒産時のリスクとしては、あくまでも事業が予定通り実施できなくなるための収益の減少あるいは費用の増加の可能性がある、という表現にとどまっています。ただ、後述しますが匿名組合を利用している以上、破綻の際に受ける影響はもっと踏み込んだものになると思いますので、もう少し的確な表現にする必要があるのではないかと思います。いずれにしても破綻の際はやはり影響ありです。

メッセージ

名前
メール
本文
ランキング
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ