実践ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングを中心に資産運用全般について。分散投資でリスクを抑えながら、インカムゲインとキャピタルゲインを目指します。

出金手数料

出金手数料:各社比較

これまで見てきたとおり、出金手数料については各社によってばらつきが大きい状況です。各社の手数料についてまとめてみました。(振込先銀行ごとに手数料の違いがある場合は、最低金額を記載しています:例)maneoは東京三菱UFJ銀行へ出金する場合の手数料)
比較1
基本的には新しくサービスを始めた会社は先行する企業のサービスレベルを意識せざるを得ないと思われ、サービスを開始した順番にサービスレベルが上がっているように思えます。今後新規にソーシャルレンディングサービスを始める企業は、基本的に出金手数料を無料にせざるを得ないでしょう。(実際は出金時の振込費用をあらかじめ含んだ運営手数料を徴収することになると思います)

定期的なインカムゲイン収入を目的として投資する場合、この手数料はばかになりません。毎月1回分配金を引き出すことを想定した場合、年間にかかる手数料は以下の通りとなります。
比較2
個人的には許容できるのはAQUSHまでです。クラウドクレジット、クラウドバンク、AQUSHは毎月引き出すのを前提として投資プランを立てれそうです。AQUSH用に楽天銀行に口座開設しないといけないですが。
maneoの場合は毎月出金するのではなく、2−3ヶ月に1回の出金を前提にプランする事になります。
SBIソーシャルレンディングは、出金金額をかなりためた状態でないと出金のコストが掛かり過ぎるので、相当大きな金額で投資するか、出金を年1回ないし2回におさえないと無駄が多すぎることになりそうです。SBIソーシャルレンディングは案件の利率も高くないので、仮に3.5%として計算してみると2,000万円運用すれば毎月の分配金が約46,400円なるので、やっと出金のコスト(420円)が1%を下回ります。出金手数料だけを見ると、SBIソーシャルレンディングは思い切って大きく投資するか、まったく手を出さない方が良いように見えます。

出金手数料:クラウドクレジット

クラウドクレジットの出金手数料については「FAQ」の「手数料はありますか?」の回答として記載されています。

Crowdcredit

なんとクラウドクレジットも手数料は無料です。ただ、まだ分配が始まってないこともあり、それ以外の詳細な記載はありません。実際にはクラウドバンクのような最低金額の設定や出金回数制限等が設けられる可能性が高いと思います。ただクラウドクレジットの場合、最低投資金額が50万円(最近10万円に下がりました)だったので、予定通りの分配であれば最低でも2万円以上ありしばらくはこまかい制限を設定しないかもしれません。
先行企業、特にクラウドバンクの出金手数料無料に対抗上、無料にせざるを得ない面もあると思いますが、今後投資単位を下げていくのであれば、それに伴い出金のコストも上がると思いますので経営上無理しすぎないようにお願いしたいと思います。

出金手数料:クラウドバンク

クラウドバンクの出金手数料につていの記載は「マイページ」の「投資状況」タブページの「出金する」ボタンを押して「出金申請」ページに飛ぶと現れます。

Crowdbank
 
手数料はなんと無料です。銀行の縛りもありません。
ただし、最低出金金額が原則1,000円として定められおり残高が999円以下だと出金できません(1000円を超えれば1円単位で出金できるので出金時に口座残高が1,000円以上あれば問題はありません)。「原則」とあるので交渉は可能なのかもしれませんが、これはマイナスポイントになります。30万円を5%案件で運用している場合、源泉税徴収後の分配金が994円になります。この場合翌月の分配金を待たないと出金できなくなります。投資金額を1万円引き上げて31万円にすれば分配金が1,028円になりますので毎月出金できるようになります。 
ただ、このマイナスポイントを考慮しても、出金手数料無料というのはかなり魅力的でインカムゲイン目的の投資には 最適と言えます。
サービス開始時に先行3社への対抗で設定されたと思いますが、どうやって実現しているのでしょうか?いずれ改悪される可能性もあるかもしれませんが、月あたりの回数制限程度にしていただきたいです。
メッセージ

名前
メール
本文
ランキング
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ