実践ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングを中心に資産運用全般について。分散投資でリスクを抑えながら、インカムゲインとキャピタルゲインを目指します。

クラウドクレジット

クラウドバンクの投資ファンドが100に到達

クラウドバンクには元本300万円を投入し現状320万円強で運用を行っていますが、この9月末で運用中のファンドが100に到達しました。

IMG_0323

今年5月の記事(クラウドバンクでの分散投資)をみると同規模の投資資金で運用中ファンド数が39だったので、過去5ヶ月で大幅に分散が進んだことになります。

ソーシャルレンディングへの投資を始めたことろは、「どうリスクをとるか」について手探りで「運営会社あたり200万円を上限、1ファンドあたりは50万円を上限」というルールを設けていました。クラウドバンクについても、当初4ファンドに50万円ずつ投資して200万円、その後枠を100万円引き上げて50万円✕6ファンドで合計300万円を投資していました。

その後、ソーシャルレンディングのベースとなる匿名組合の仕組みや不動産関連の市況について調べる中で投資先ファンドの分散について必要性を痛感するようになり、その後レンディングクラブの仕組みに触れることでより一層投資先ファンドの分散を徹底することを意識するようになりました。

こうした変化に伴い、当初50万円だったファンドあたりの上限は10万円まで引き下げ、かつできるだけファンドあたりの投資額を1万円ないし2万円にすることにしています。最終的には1万円✕300ファンドで300万円を運用するところまで持っていければと考えています。

例えば投資口座にをキャッシュがあって、6%、5.8%、5.6%の3つのファンドが投資可能な状況になっている場合、以前であればルール上の上限まで6%に投資するというスタイルでしたが、今はそれぞれに1万円ないし2万円投資して例え口座にキャッシュが残っていても次のファンドまで待機させるようになりました。このため、投資効率は落ちることになりますが、分散による安全性を確保するためにはやむを得ないと思っています。

それでも現状概ね5%程度の利回りで回っていますのでまずまず満足しています。
16


もっとも、投資先のファンドが複数になっていても実際の貸出先はある程度共通になっている可能性は高いと思いますので、完全な分散というわけにはいかないと思います。(参照:ソーシャルレンディング投資のリスク管理は難しい(1)ーリスク分散の難しさー

それでもある決まった金額を投資する場合、ファンド数が少ないよりも多ければ多いほど貸出先がバラける確率が高くなるのは間違いないと思います。貸出先がよっぽど少なければ分散してもあまり意味はなくなってしまいますが。

これからソーシャルレンディング投資を始めようと検討している方には、まとまった金額を少数のファンドに投資するよりもできるだけ少額ずつをできるだけ多くのファンドに投資するようにすることをオススメします。投資資金が10万円でも、1万円から投資できれば10ファンドに投資できます。

あるいはクラウドクレジットのようにファンド自体で貸出先の分散効果が抜群に高いものが良いと思います。ちょっと古いデータですが、私のお気に入りのペルーファンドだと投資元本5万円でも16000件に分散投資されます。( 再考:クラウドクレジットのペルー・小口債務者支援プロジェクト(3))5万円だと1件あたりの投資資金は3円強になる計算です。例えば当初見込みよりも年間100件多く回収不能になっても300円の損失ですね。他方、当初見込み分で年間5000円の配当なのでリスク分散の効果を感じやすいファンドです。ペルーファンド自体の分散効果が高いため、私もファンドあたり上限10万円のルールを度外視して累計で200万円ほど投資しています。こういうファンドがもっと増えてほしいものです。個人的にはハイイールド債連動ETFのHYGやJNKと同じくらい評価しています(もちろん課題もありますが)。比較してみるのも面白いかもしれないので時間出来たら記事にしてみようかな。

 

投資状況更新:2016年1月−6月配当実績 49.3万円(1)

4月に第一四半期の配当実績のまとめを忘れてましたので、今回は半年分まとめての状況更新です。

まずサマリーから。
ソーシャルレンディング1-6月配当総額:49.3万円 
国内分:21.2万円(源泉徴収後) 
海外分:28.1万円(税引き前) 

昨年1年間の配当総額が66万円だったのに対し今年は前半6ヶ月間だけで50万円弱と大幅増です。年間では100万円ペース、ぎりぎり今年の目標は達成できそうですが追加の投資も検討しようかと思います。ただし無理な投資は避けようと思います。

以下、投資元本の多い順に個別の投資状況です。カッコ内は「投資元本→現状口座合計(元本+配当)」です。

・レンディングクラブ($100,000→$105,499) 
BlogPaint
レンディングクラブについては、この半年で配当$2,755です。円換算だと$1=102円計算で28.1万円です。実際の配当額はもっと多いのですが、レンディングレンディングでは延滞状況からデフォルトの見込値が自動的に計算されてその値を差し引いて表示することができ、そのデフォルト見込みを反映した配当額がおよそ28万円だったということになります。

現状の見込み利回りが7.24%になっており、昨年末から比べると下がっています。
これは二つの要因があります。一つは延滞やデフォルトのNoteが着々と増えていること。レンディングクラブのデータを見ると投資開始から1年から1年半程度は利回りが下がり続けその後少しずつ上向く傾向があるようです。
もう一つの要因は、投資対象の見直しの実施です。以前はグレードC-EのNoteが中心で平均貸出金利が15%台だったのですが、今年投資対象について以前よりも厳し目の条件設定を行い結果として再投資で購入するNoteの大部分がグレードBかCになっています。結果貸出金利が11%台に下がっており最終的な期待利回りも下がった値になっています。代償としてリターンの変動リスクも下がっていると考えていますが、それを確認できるデータがないので確実なことは言えません。

現在の方針としては最終的な利回りが5%〜6%程度で、その代わりリスクを取り過ぎなくてすむようにしようと思っており、設定している条件に合うNoteがない場合は基本的に購入していません。結果としてキャッシュ比率があがって投資効率が下がっているのですが、無理に投資することは避けようと思っています。

ソーシャルレンディングへ投資を始めた頃は「ソーシャルレンディングで以下に多くの配当を上げるか」といった事を意識していましたが、最近は「資産運用全体におけるソーシャルレンディングの役割」みたいなものをぼんやり意識するようになっています。あまり触れられることは多くないですが、ソーシャルレンディング投資のメリットの一つに「他の投資アセットとの相関性が低いレンディング商品に投資することで資産全体のリスク低減に効果が高くなる」という点があると思います。特に、レンディングクラブのような海外消費者ローンは、国内資産アセット(株、債権、不動産)との相関が低いだけでなく、海外株や海外債権との相関も極端に高くはないでしょうから、国内外の株・債権・不動産で構成されている資産に組み込むことで全体のリスクを低下させる効果が期待できます。

まだまだ試行錯誤しながらというところはありますが、安定して配当が得られるように目指していきたいと思います。

・クラウドクレジット(初期投資570万円:投資元本533.6万円:配当総額15.6万円)
※クラウドクレジットのマイページは正直作りがあまり良くないので投資状況を把握するのが難しく、現状では手作業で管理するようにしています。なので口座画面イメージではなく自作の管理表で状況をご覧いただければと思いま。マイページはもうすぐ改善されるようなので期待しています。
01
昨年までは国内のソーシャルレンディングで最も投資額が大きいサービスはクラウドバンクだったのですが、今年に入って追加投資が続いたクラウドクレジットが現状投資元本で500万円を越えて一番の投資先となりました。昨年末時点で運用中投資元本がほぼ250万円だったのでこの半年で倍に増やしたことになります。
この半年間の配当は7.5万円でした。クラウドクレジットのファンドは投資開始後半年は配当が出ないファンドがほとんどなので、今年になって投資したファンドが配当に貢献してくるのは7月以降ということになります。単純計算だと次の半年の配当総額は倍の15万円程度が見込めそうです。

クラウドクレジットの場合、ファンド単体での分散効果が他のソーシャルレンディングサービスと比べると圧倒的に優れている商品が多く、かつ日本国内資産だけでなく海外株や債券との相関という点でもレンディングクラブ以上のリスク低減効果が期待できると考えています。私の海外株や債券は米国市場が中心なのですが、レンディングクラブの場合米国景気の影響との相関性がどうしても高くならざるを得ないでしょうが、ペルーの債権回収や北欧の消費ローンと米国の景気変動の相関はそれよりも小さくなるでしょうか。分散効果+資産アセット相関性でペルーファンドと北欧(Bondara)ファンド、資産アセット相関性でカメルーン(Ovamba)が100万円を越えて投資しているファンドになります。

今かなり悩んでいるのが、クラウドクレジットへの投資上限を500万円から引き上げるかどうかです。現状既に500万円の上限を超えていますが、クラウドクレジット商品の場合元利均等返済型の商品が多いので運用元本は毎月下がっていくので多少の上振れは問題ないと思っています。

クラウドクレジットはこれからも魅力的な商品が出てきそうなので追加投資を検討したいのですが、そのためにはある程度投資上限を引き上げることを考えないといけません。1000万円程度まで枠を広げようかと真剣に考えているのですが、さすがに1000万円となるとクラウドクレジットになにかあった時のダメージが大きくなるのでもう少し慎重な検討が必要だと思っています。

もし今新しい商品でてきたらとりあえず600万円に引き上げるという場当たり的な対応になりそうですが・・・。
 

クラウドクレジットの「欧州3か国個人向けローンファンド 運用報告会」に参加しました(3)

欧州ファンドはエストニア、フィンランド、スペインの3カ国の債務者へ貸付を行っていますが、リスクタイプごとの債務者の居住国について報告がありました。これがまた一目瞭然で大きな特徴があり、今後の投資判断に参考になりそうです。
実質的にリスク低減型はエストニアの債務者、ハイイールド型はスペインの債務者に貸し付けるファンドになっていますね。バランス型はエストニアとフィンランドが半々という感じです。
02
ちなみに国別の視点で見ると
エストニア:リスク低減型とバランス型のみでハイイールド型はほとんどなし
スペイン:ハイイールド型とバランス型のみで、リスク低減型にはゼロ
フィンランド:バランス型がメインだがリスク低減型とハイイールド型にもそれなりにあり
となかなか面白い傾向です。この辺りの背景は何があるのか興味ありますね。

最後にQ&Aがあり、いろいろ質問が出ていましたが個人的に重要だと思った点について記載しておきます。

ハイイールド型ファンドで3号、4号みたいに分かれているが、投資家から見れば結局同じファンドに貸し付けているため、2号だろうが3号だろうが4号だろうが同一期間のパフォーマンスは共有することになる。ただし、ハイイールド型とリスク低減型とバランス型はそれぞれ別のファンドになっているため、パフォーマンスはそれぞれ別になる。

ペルーファンドでもそうでしたが、1号に始まり2号、3号と追加されていくに従ってより多くの投資資金が累積される仕組みになっているため、貸付先の分散効果もどんどん大きくなっていくことになります。欧州ファンドに投資する人が増えれば私の保有している欧州ファンドの分散効果も高まるということです。皆さん、ぜひ投資してください。

当初より期待利回りが上回った場合であっても投資家への追加の還元はない。上回った場合、将来期待利回りが想定を下回った場合の支払いにあてるための資金としてプールする。

現状、予定を上回って運用されているため、今後の追加募集で投資する投資家はある程度の資金がプールされた状況に参加できるということですね。

実際、投資家が匿名組合に出資すると、匿名組合からエストニアのクラウドクレジット子会社へ決まった金利で貸付を行う仕組みになっているため約束した金利を越えて支払うことは難しそうです。ある程度安定的な配当を行う上では必要な仕組みであることは理解できますが、これとは別に運用結果にダイレクトに連動するようなファンドも検討してもらえると良いですね。

個人でレンディングクラブへ投資を行っていますが、再投資のためにほぼ毎日アクセスが必要(結構面倒くさいです)なのと比べると、クラウドクレジットの欧州ファンドではそれらの手続きを完全に委託できるのが良い点です。一方で個人でやれば細かい貸付先の条件設定まで行えるのに対して、欧州ファンドはおおまかなリスク傾向しか指定できないのは弱いところです。ただ、総合的に見れば明らかに利点が上回っていると思っています。

クラウドクレジットの運用報告会に参加するとファンドの理解が深まるので良いです。サイトにもデータを上げて欲しいというリクエストも出ていましたが、データの意味を誤解無いようきちんと説明した上で提示したいという会社側の意見も理解できます。かといって報告会の頻度上げていくには会場のコストもかかるでしょうから、WebExのようなものでネット経由で説明会を実施するのはどうでしょう。参加者の地理的な制約もなくせますし。
例えば3ヶ月毎にWebExで報告会を実施、年1回だけオンサイトでの報告会(できれば複数ファンドまとめて実施)とかにしてもらえると良いかも。関係者の皆様、もしご覧になっておられたらぜひご検討下さい。


 
メッセージ

名前
メール
本文
ランキング
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ