実践ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングを中心に資産運用全般について。分散投資でリスクを抑えながら、インカムゲインとキャピタルゲインを目指します。

その他・資産運用全般

『行動経済学の逆襲』

3月の映画「マネーショート」のエントリーで触れたリチャード・セイラーの新著『Misbehaving』の訳本がやっと出版されました。

行動経済学の逆襲 (ハヤカワ・ノンフィクション)
リチャード・セイラー
早川書房
2016-07-22


しかし何故かタイトルが『行動経済学の逆襲と元のタイトルとは大違い。前作の『実践行動経済学』も元タイトル『Nudge』のニュアンスが伝わりきれない気がしましたが、今回のよりはマシ。翻訳はいずれも遠藤真美という方なのですが、この方の嗜好なのでしょうか、それとも出版社の意向なのでしょうか。どちらにしてもあまり売れそうにないタイトルですね。

内容は、行動経済学の第一人者であるリチャード・セイラーが自身のこれまでの研究者人生を振り返る形で、行動経済学との関わりや規範型経済学との軋轢の歴史、その後英国政府の政策へ影響をあたえていくまでになった流れについて触れられています。全体的にうっすらとアカデミックなトーンが覆っていますが、取り上げている逸話や研究の対象が砕けた感じのものが少なくなく最後まで興味を維持して読むことが出来ました。

損失回避、保有効果、メンタルアカウンティング、自信過剰といった行動経済学の主要なトピックについても説明されていますが、特に目新しい理論が紹介されているわけではありません。というかダニエル・カーネマンの『ファスト&スロー』読んでるのが前提になっているような書きっぷりです。

読みどころはいくつかありますが、資産運用面で参考になるのは効率的市場仮説の限界について触れられているところでしょうか。市場におけるアノマリーやミスプライシングといった事象について裏付けとなるデータやグラフが提示されているのですが、加えてその背景となる人間の思考の癖(バイアス)について考察されており、市場は必ずしも完全ではなく時に間違うことがあることをより強く認識させられます。ということは、この間違いや思考の癖を突き詰めていくことができれば「市場に勝つ」ことも可能なはずですが、問題は「市場が間違っていることが分かってもそれがいつ訂正されるかがわからないと稼ぐことが出来ない」という事実です。ミスプライシングの典型例としてバブルがありますが、いち早くバブルと気付いて空売りができたとしてもそのバブルがいつ弾けるかが分からないと、自分の資金が先に付きてしまったり最悪のケースでは自分が生きている間はずっとバブルが弾けない可能性すらありえます。「訂正されるタイミングが分からなくても市場が間違っていることが分かっているだけ稼ぐことの出来る戦略」はないものでしょうか。それが見つかるまではキャピタルゲイン狙いで継続的に市場に勝つのは諦めてせめて市場と同等のパフォーマンスを得られるようにインデックスファンドでの運用を続けようと思います。

行動経済学と資産運用については、ほぼ1年前のエントリーですが
「行動経済学で考えてみる ー インデックス投資に適しているのは?「投資信託 vs ETF」と「ドルコスト平均法 vs バリュー平均法」(1)」
「行動経済学で考えてみる ー インデックス投資に適しているのは?「投資信託 vs ETF」と「ドルコスト平均法 vs バリュー平均法」(2)」
あたりを見てみて下さい。もし多少なりとも興味引くようであれば、ぜひダニエル・カーネマンの「ファスト&スロー」を読んでみてください。資産運用にも参考になること請け合いです。



 

MissingMoney.com ー海外口座の凍結で没収されたお金を取り戻すー

海外の金融機関に口座を持たれれている方はご存知だと思いますが、海外口座で一定以上の期間使用がない場合に口座がロックされてしまうことがあります。この時点で金融機関から連絡が入っているはずなので、先方に連絡してロックを解除してもらえば元の通りになりますが、何かしらの理由(例えば英語のメールや手紙を無視しているとか)でほったらかしにしてしまうと口座にあった金額が公共機関例えば米国の場合は州政府に没収されてしまいます。

もちろん、没収されたお金もきちんと手続きを行えば返却されます。返却の手続きについては各州政府のサイトで確認することが出来ます。例としてカリフォルニア州の場合、「Unclaimed Property」に手続きに必要なリンクがケイサされており、例えば自分のお金が没収されているかどうかはこのサイトで確認できます。「Last Name」に自分の名前を入れて該当する物があるかどうかを確認します。各州政府とも同様の検索サービスを提供しています。無事自分の口座が見つかったら記載されている手続きにそって返金申請をおこないましょう。

ここで課題となるのは、自分の口座がどの州に没収されているかがはっきりしない場合です。普通に考えれば口座を開設した支店の州になりそうなものですが必ずしもそうでもないこともあるようです。そこで自分の口座がどの州に没収されたかを確認できるMissigMoney.comというそのまんまの名前のサイトが存在します。
40
使い方は簡単で、自分の名前を入力して検索するだけです。居住州(Resident State)の入力が必須になっていますが、これは検索結果に影響はなくデータ収集が目的なので米国外の場合「ZZ」と入力すれば良いです。
58
検索で該当する結果がある場合、リストが表示されます。氏名、保有している州、金額が$100を超えているかどうかといった情報が一覧で表示されます。ここで該当するものが見つかれば名前のところをクリックして詳細を確認の上、対象の州の手続きへリンクが有るページに進みます。

BlogPaint

このサイトでは銀行口座に限らず州が没収している幅広い種類の没収金がリストされています。例えば未払いの保険金、携帯電話の返金、未払い給料なんかもありました。米国では払いすぎていた場合の返金なんかも、受取人がほったらかしてると州政府の没収対象になるんですね。さすがというかなんというか。

ちなみに、調べてみたら日本の銀行の場合は5年間放置で法律上銀行による没収が可能なようです。ただし、現状では全国銀行協会の自主ルールで時効は設けていないそうなのでどんなにほったらかしてても引き出せます。
銀行の休眠口座を公共資産として活用する案は日本国内でも定期的に話題としてあがりますので、そのうち日本でも没収されることになるんでしょうね。

 

ウォール街のランダム・ウォーカー 第11版

リバランスでインデックスの積立を再開しようと考えていた時に「ウォール街のランダム・ウォーカー 第11版」が発売されているのを見かけ、思わず購入してしまいました。

第11版では、「スマートベータの解説」と「資産管理の十か条」が新しく付け加えられており、各種のデータが原著が出版された2014年のものに更新されています。



購入してすぐに読了しましたが、「ウォール街のランダム・ウォーカー」はやっぱり面白いですね。第10版も読んでいますが、改めて第11版に目を通す価値はあると思います。株式投資が好きな人も嫌いない人も、資産運用を考えているのであれば一読することをオススメします。ページ数が多いですが、面白いのであっという間に読んでしまいます。特に第1部のバブルの話と第2部の株価形成の考え方は定期的に読み返す価値があると思います。

第4部で今回新たに追加された「財産の健康管理のための十か条」(原著では以前の版から含まれていた内容だが、米国の税制等の話が土台にあるため割愛していたそうです)は株式以外のアセットクラスも含めた資産運用のガイド的な内容になっています。「元手を蓄えよ」「現金と保険で万一に備えよ」「節税対策と年金制度の活用」「分散投資が大原則」といった指針には自分がこれまで考えていた内容と合致している一方「マイホームの活用」に関しては日米の住宅市場特性の違いもあるかと思いますが違和感を感じました。

ちょうどアセットアロケーションのリバランスに取り組んでたところだったので14章のライフサイクルに応じたアセットミックスのところがタイムリーでした。現状だと「60台後半以降の投資家」に近く、目指しているアロケーションでも結局「60台後半以降の投資家」が一番近そうです。まだ40代ですけど・・・。年齢だけで見ると株式に55%〜60%程度割り当てることが推奨されていることになりますが、自分としては株式は40%〜45%程度かなと考えています。これには理由があるのですが、詳しくは別の機会に。また、40代であれば通常まだ含みベースのキャピタルゲインを増やすことを中心にすえる時期だと思いますが、こちらも訳あってインカムベースでの年間収入を重視し始めています。ただし、リバランスは予定通り株式インデックスファンドの積立再開にすることにしました。

改めて思いましたが、資産運用に取り組む上で税金の知識はやっぱり大事ですね。ここしばらく知識のアップデートができてないので、久しぶりにちょっと取り組もうかと思いました。ちなみにソーシャルレンディング投資の配当の雑所得は税金的に不利なんですよね。投資家が投資を躊躇する原因の一つになると思います。他の金融商品同様、源泉分離課税で損益通算ができるようになるといいんですけど、現実的にはもうちょっと業界自体が盛り上がらないとそういう機運は出てこないですかね。何せ早く雑所得扱いはやめていただきたい。
 

メッセージ

名前
メール
本文
ランキング
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ