実践ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングを中心に資産運用全般について。分散投資でリスクを抑えながら、インカムゲインとキャピタルゲインを目指します。

ソーシャルレンディングの投資商品

クラウドクレジットの「欧州3か国個人向けローンファンド 運用報告会」に参加しました(3)

欧州ファンドはエストニア、フィンランド、スペインの3カ国の債務者へ貸付を行っていますが、リスクタイプごとの債務者の居住国について報告がありました。これがまた一目瞭然で大きな特徴があり、今後の投資判断に参考になりそうです。
実質的にリスク低減型はエストニアの債務者、ハイイールド型はスペインの債務者に貸し付けるファンドになっていますね。バランス型はエストニアとフィンランドが半々という感じです。
02
ちなみに国別の視点で見ると
エストニア:リスク低減型とバランス型のみでハイイールド型はほとんどなし
スペイン:ハイイールド型とバランス型のみで、リスク低減型にはゼロ
フィンランド:バランス型がメインだがリスク低減型とハイイールド型にもそれなりにあり
となかなか面白い傾向です。この辺りの背景は何があるのか興味ありますね。

最後にQ&Aがあり、いろいろ質問が出ていましたが個人的に重要だと思った点について記載しておきます。

ハイイールド型ファンドで3号、4号みたいに分かれているが、投資家から見れば結局同じファンドに貸し付けているため、2号だろうが3号だろうが4号だろうが同一期間のパフォーマンスは共有することになる。ただし、ハイイールド型とリスク低減型とバランス型はそれぞれ別のファンドになっているため、パフォーマンスはそれぞれ別になる。

ペルーファンドでもそうでしたが、1号に始まり2号、3号と追加されていくに従ってより多くの投資資金が累積される仕組みになっているため、貸付先の分散効果もどんどん大きくなっていくことになります。欧州ファンドに投資する人が増えれば私の保有している欧州ファンドの分散効果も高まるということです。皆さん、ぜひ投資してください。

当初より期待利回りが上回った場合であっても投資家への追加の還元はない。上回った場合、将来期待利回りが想定を下回った場合の支払いにあてるための資金としてプールする。

現状、予定を上回って運用されているため、今後の追加募集で投資する投資家はある程度の資金がプールされた状況に参加できるということですね。

実際、投資家が匿名組合に出資すると、匿名組合からエストニアのクラウドクレジット子会社へ決まった金利で貸付を行う仕組みになっているため約束した金利を越えて支払うことは難しそうです。ある程度安定的な配当を行う上では必要な仕組みであることは理解できますが、これとは別に運用結果にダイレクトに連動するようなファンドも検討してもらえると良いですね。

個人でレンディングクラブへ投資を行っていますが、再投資のためにほぼ毎日アクセスが必要(結構面倒くさいです)なのと比べると、クラウドクレジットの欧州ファンドではそれらの手続きを完全に委託できるのが良い点です。一方で個人でやれば細かい貸付先の条件設定まで行えるのに対して、欧州ファンドはおおまかなリスク傾向しか指定できないのは弱いところです。ただ、総合的に見れば明らかに利点が上回っていると思っています。

クラウドクレジットの運用報告会に参加するとファンドの理解が深まるので良いです。サイトにもデータを上げて欲しいというリクエストも出ていましたが、データの意味を誤解無いようきちんと説明した上で提示したいという会社側の意見も理解できます。かといって報告会の頻度上げていくには会場のコストもかかるでしょうから、WebExのようなものでネット経由で説明会を実施するのはどうでしょう。参加者の地理的な制約もなくせますし。
例えば3ヶ月毎にWebExで報告会を実施、年1回だけオンサイトでの報告会(できれば複数ファンドまとめて実施)とかにしてもらえると良いかも。関係者の皆様、もしご覧になっておられたらぜひご検討下さい。


 

クラウドクレジットの「欧州3か国個人向けローンファンド 運用報告会」に参加しました(2)

杉山社長の会社概要のアップデート後、欧州ファンドについての紹介と提携先のBondraの紹介がありました。この辺りは既知の内容が中心でしたので割愛します。

その後メインとなる運用状況報告が実施されました。
まずは、ファンドのリスクタイプ毎の想定される貸付金利、貸倒れ率および利回りについて再度説明がありました。
39
例えばハイイールド型の場合、平均の貸付金利は57.6%、貸倒れ率は42.6%と想定されています。この場合、ネットでの期待利回りは15%となり、クラウドクレジットが2%を手数料として徴収、投資家への最終利回りは13%となります。貸付金利が想定より高かったり、貸倒れ率が想定より低い場合は、期待利回りを上回るリターンがあがりますが、逆に貸付金利が想定より低かったり、貸倒れ率が想定より高い場合は期待リターンを下回ることになります。リターンが想定より上回ったり下回った場合にどういう扱いになるかは後ほど触れます。

今回の報告会では、個別の平均貸付金利、現状のBondora推計リターン及びクラウドクレジット推計リターン(当社推計)について報告がありました。「Bondora推計」は既にデフォルトしているものを除いた値、「当社推計」はすでにデフォルトしているものに加え、過去のデータから今後発生するであると見込まれるデフォルトの値も考慮した値になっているようです。「当社推計」の詳細の計算方法は提示がありませんでしたので、どの程度の精度が期待できるのかは判断がしづらいところです。提示されているデータだけで判断するとちょっと甘目の設定になっているのではないか(将来的にもっとリターンは下がるのではないか)というのが率直な感想になります。強い根拠はありませんが。

58
ハイイールド型で見てみると
貸付金利:想定57.6%に対し現状57.6%
当社推計:想定15%に対し現状19%
(記載されていませんが上の値から貸倒れ率:想定42.6%に対し現状38.6%となります)
となっています。
今回の報告では、リスク低減型(想定13.5%に対して14.4%)、バランス型(想定13.5%に対して19.9%)、ハイイールド型(想定15%に対し9%)、現状はいずれも想定を上回る結果になっていることが報告されました。

続いて、ポートフォリオの分散状況について紹介がありました。分散度合いで見るとハイイールド型が最も分散されていて、平均的な1件の貸付がポートフォリオに占める割合はわずか0.09%です。最も分散が少ないリスク低減型でも0.27%なのでいずれのタイプも分散効果は期待できそうです。
09
実際に、分散効果を示すデータとしてBondora全体での投資家のリターンの分布と、1万ユーロ以上の投資家のリターンの分布図が提示されました。1万ユーロ以上の投資家の場合、貸付対象が相応に分散されているだろうと想定されます。グリーンになっているところが欧州ファンドのリターンと同じとこです。
42
(Bondora全投資家のリターン分布)
51

(Bondora1万ユーロ以上の投資家のリターン分布)
このグラフから1万ユーロ以上の場合(つまり分散されている場合)、リターンのバラつきが小さくなり、かつマイナスのリターンがほとんどなくなっていることが確認できます。この辺りの分散効果を示すデータはレンディングクラブでも提示されており、同じ傾向が確認できます。1万ユーロ以上のグラフでみると、一見欧州ファンドのパフォーマンスが平均より若干下になっているように感じます。おそらくこれは欧州ファンドは「当社推計」の値なのに対して他のデータは「Bondora推計」のデータを使っているからではないかと想像されます。欧州ファンドも「Bondora推計」だと15%以上と20%以上になりますね。
パフォーマンスに関しては現状まずまずの状況だと思います。

 

クラウドクレジットの「欧州3か国個人向けローンファンド 運用報告会」に参加しました(1)

6月7日に東京で開催されたクラウドクレジットの「欧州3か国個人向けローンファンド 運用報告会」に参加しました。セミナーに参加するのは久しぶりです。確認してみたら昨年12月にクラウドクレジットのペルーファンド報告会に参加して以来なので半年ぶりです。ソーシャルレンディング関係に限らずもうちょっといろいろ調べたい気持ちはあるのですがいかんせん仕事が忙しくてなかなか手がつけれません。今回の報告会ではいろいろ情報が得られましたので、以下の内容で3回に分けてご紹介します。

1回目:クラウドクレジットの状況について
2回目:欧州ファンドのパフォーマンスについて
3回目:欧州ファンドのファンド特性について

なお、欧州ファンドの概要等については既に知っている前提で割愛しています。そもそもの特徴等について興味がある方はクラウドクレジットのサイトで確認するか、弊サイトの以前の記事「クラウドクレジットの欧州ファンド(1)((4)まで続きます)」をご参照の上御覧ください。

ちなみに、欧州3カ国ファンドには、私自身これまでにリスク低減型、リターン追求型、バランス型に投資元本累計で90万円投資してます。ペルーファンドは投資元本累計220万円、カメルーンファンドが累計100万円なので欧州3カ国ファンドは3番めに大きい投資額のファンドになっています。

まず最初に杉山社長からクラウドクレジットの会社概要と今後の取組について話がありました。欧州ファンドと直接関係ないですが、いくつかピックアップして紹介します。

投資家の年代別のグラフがによると、20代と30代で50%超えてます。40代まで入れると80%と比較的若い世代の投資家が多いことが特徴です。海外資産への抵抗の少なさや為替に対しての考え方(円に特化するリスク)が反映されているように思えます。
43


一方で一人あたりの投資金額は105万円となっています。個人的には投資金額の絶対額よりも総資産に占める投資割合がどの程度なのかといったところが気になりますが、そちらのデータはありませんでした。
55

クラウドクレジットの四半期単位の資金募集状況の推移について、グラフでの提示がありました。2015年度Q4あたりから集まる資金量が伸び始めています。この記載方法を見ると8月締め決算期のように見えますが、もしそうだとするとQ4は6月ー8月となります。昨年6−8月といえばペルーファンドしか無かったラインナップに欧州ファンドが販売された時期の少し後ですね。
55
昨年から来年にかけての3カ年で見た計画の推移についても説明がありました。昨年は1年目として「足腰がため」とありますが、立ち上げ時期で商品開発に必要な各種の取り組みやユーザにニーズのサーベイを実施していたことが読み取れます。それを踏まえて昨年後半から為替ヘッジや比較的短期間の商品、実物担保付きといった商品の提供を開始し、募集金額の伸びにつながっているようです。

14

今後の計画としてプラットフォームの強化がテーマにあげられていますが、具体的にはシステム周りの改善が予定されているようです。まずはこの夏を目処に預り金をプールする仕組みが導入されるようです。現状毎月銀行に元利払いとして振り込まれているものが、銀行振込ではなくそのままクラウドクレジットの自分の口座にプールされることになりますので再投資や投資金額の把握が行いやすくなります。残念ながら現地通貨ではなく日本円での取り扱いということですので、将来的には外貨のままでの再投資が可能にして欲しいとリクエストしました。他にサイトの使い勝手の向上やレポートについての頻度や提供形態の改善を計画しているようです。
25

最後に「2階建てのファンドの提供」というのがありますが、こちらは為替デリバティブと組み合わせることでより高い利回りを目指す、その代わりリスクもより大きいといった商品を想定しているようです。例として通常のペルーファンドが10%とすると「ブラジルレアル建てのペルーファンド」であれば、円とレアルの金利差が9%程度として9%が追加されて19%のファンドになるということです。実際手数料分で1−2%は下がることになると思いますが、それにしても17%〜18%程度になるでしょうから、より高い利回りを求める投資家に対しての提供を検討しているようです。

個人的には「2国間の(リスクフリー資産の)金利差と為替に関しては逆相関の関係にあり、金利差によるゲインは為替によるロスで調整される結果になる」と考えていますので、為替デリバティブに関しては手数料の分だけマイナスになる可能性が高いのではないかと思っています。正直あまり魅力を感じませんが、見かけ上の高い利回りを提示する上では効果的なのかもしれません。私はオススメしませんけど。

クラウドクレジットの投資家は20代-40代中心なので、時間を見方につける投資にできれるのであれば為替デリバティブも意味があるかもしれませんが、そのためには外貨での預かり口座は必須ではないでしょうか。

 
メッセージ

名前
メール
本文
ランキング
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ