実践ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングを中心に資産運用全般について。分散投資でリスクを抑えながら、インカムゲインとキャピタルゲインを目指します。

その他・雑談

2017年、新年明けましておめでとうございます

みなさま、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。



・・・って、年明けてからもう3週間以上経ってますね。 前回の記事からも3ヶ月以上空いてしまいました。

今日ちょっとしたきっかけで何ヶ月かぶりに日本ブログ村のソーシャルレンディングのページ見たら40以上のブログが登録されていてビックリしました・・・。ソーシャルレンディングを紹介するブログもかなり増えてきたので弊ブログが当初目指していた役割はそろそろフェードアウトしてもよさそうかな、と。もう以前のようにサービス別の収支実績なんかはまとめなくても良さそうです(もちろん個人用には継続して管理しますが)。

本当のところはいろいろ忙しくていろいろ調べてブログの記事を書く時間が取れない、というか気力が持たないのが大きいです。本業の方で1年半前に一人で始めた米国ベンチャーの日本の立ち上げがそれなりに上手く進んでおり、昨年後半には国内5名の体制になりました。今年もうまく行けば米国本社の出資の追加ラウンド(ラウンドC)があると思うので、そうすれば国内の人員をさらに追加できそうです。

投資に関しては、昨年の全体的な成績は年末のトランプラリーのおかげもありまずまずの結果となりました。一方ソーシャルレンディングに関してはざっくり年間80万円くらいの配当収入で、目標としていた100万円に到達できませんでした。理由はいろいろあるのですが、大きいところではレンディングクラブのリターンが思った通り推移しなかったことと、配当や還付金があっても忙し過ぎて再投資しきれずに現金のまま口座に放置してしまっていたのが響いた結果です。レンディングクラブの件は、時間が取れれば記事にしたいなぁと思っています。

ソーシャルレンディング以外のトピックスでは、昨年は株式のバクチ枠が好成績でした。
10年位前に出資した知人の会社がとうとう上場を果たしました。祝。加えて、バクチ枠で持ってるUS株で一番投資金額の大きい銘柄がM&Aの対象となり、一夜で株価が30%跳ね上がるという経験をすることができました。一方レンディングクラブ株はCEO辞任もあってぱっとしませんでしたが、全体としては十分過ぎる好成績でした。

他に、直接的な投資の話ではありませんが、知人にお金貸して期限を過ぎても返済してもらえなかったのが、弁護士経由の請求で昨年全額完済まで至った話なんかはP2Pレンディングへ投資する際に参考になりそうな経験でした。

比較的最近の話題だと正月休みに『超予測力』を読んだんですがなかなか面白かったです。予測精度の向上に行動経済学の知見を活用していくのがメインの主旨ですが、最も参考になったのはなぜメディアで取り上げられている人の予測が参考にならないか、というのが理解できたところですかね。カーネマンの『ファスト&スロー』やタレブの『まぐれ』『ブラック・スワン』が好きな人にはオススメです。

超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条
フィリップ・E・ テトロック
早川書房
2016-10-21


ということで、ブログで紹介したいネタはいろいろあるんですが、来週にはマーケティング系のイベントが控えており、それが終わったら1週間米国出張、帰ってきたら確定申告、となかなかハードな日程が続きます。次に記事をアップが出来るのはいつになるのやら。

 

近況報告

世の中はお盆休み中のところも少なくありませんが、私が働いている米系企業では当然のごとくお盆休みなど無くカレンダー通りの勤務です。昨年7月に働き始めておよそ1年、今のところ思った以上に順調でそろそろ国内の増員も視野に入ってきたところでもありすごく忙しく過ごしております。

加えて先月実父が他界し、プライベートの時間もバタバタと過ごしております。
昨年2月に実母が他界して以降父は実家で一人で過ごしていましたが、相当気落ちしていいて掛ける言葉を見つけるのが難しい状況でした。今東京在住のため昨年7月に働き始めて以来関西にある実家へ顔を出す機会は非常に少なくなってしまったのが少し心残りです。妹が実家にそこそこ近いとこに住んでいるので、そちらに任せっきりになってしまっていました。特に体調が悪いという話も聞かなかったのに、7月のある木曜日に入院したと突然連絡があり、翌日にかけて妹と病状の確認を含めてやり取りして、週末に顔出しにくいく予定にしていたところ、金曜日の夜に状態が急変しあっけなく逝ってしまいました。木曜の入院の連絡まで何の前触れもなかったため、本当にあっけにとられる思いで、亡き母を追っかけて行ったとしか考えられませんでした。長く苦しまずに母のもとにいけたと考えることができるのがせめてもの心の救いです。

葬儀の際に僧侶の方から「女性は配偶者が亡くなって平均で15年位は存命するが、男性は3年しか持たない」という話を聞きました。実際のところ正しい数字かどうかは分かりませんが、実感としてはそうだろうなぁ、という気持ちです。今回の父の件もそうですが、私自身も妻に先立たれるようなことがあったら同じように気落ちすること間違いないです。

両親が揃って七十代前半で他界してしまい、私自身も四十代も半ばから後半へかかってきて、残りの人生の過ごし方について考えることも増えてきました。幸いそう遠くない時期にセミリタイアできそうな状況なので、それまでの何年間かは忙しく働いてその後は自由度の高い生活スタイルに持っていければ良いなぁと漠然と考えています。

ブログについては正直なところ今後あまり更新できないようになりそうですが、頻度が落ちてもできるだけ長く続けれるようにしていきたいと思っています。今後ともよろしくお願いします。
 

熊本震災募金 ー日本赤十字から受領書が届きましたー

震災後の復旧支援として日本赤十字社へ義援金の寄付を行いましたが、先日そちらの受領書が届きました。この受領書を保管しておき、来年の確定申告の際に寄付金控除の申告を行うことで寄付した金額を課税所得から差し引くことができるめ、結果として所得税が減税されることなります。受領書のコピーを掲載しておきますので、以前の記事で紹介した寄付金控除の申告画面に入力が必要な情報がカバーされていることを確認してみてください。寄付金控除の申告自体はカンタンだということがご理解いただけると思います。
BlogPaint
減税される割合は課税所得によって変わりますが、例えば前回の記事で試算した例で年収600万円〜650万円の場合の課税所得が330万円程度、適応される所得税率は10%になります。年収600万円程度の人は、寄付金の10%が還付されることになりますので、10万円寄付する気持ちがあれば11万円寄付しても1万円強還付されるので実質負担はほぼ10万円です。年収650万円を超えてくれば課税所得は330万円を超えるでしょうから、所得税率は20%が適応されますので10万円ではなく12万円寄付できます。年収が1500万円くらいになれば課税所得は900万円〜1000万円くらいになりますので所得税率が33%になります。この場合15万円寄付しても5万円程度が還付されて実質的な負担は10万円となります。今年の所得が高い見込みの方はより多くの寄付が可能です。より多くの人が制度を理解して少しでも多くの寄付金が集まればと、願っております。

日本赤十字社からの封書には活動報告も同封されていました。特段目新しい内容のものではないと思いますが、被災地の方にとってはいずれも重要なものであると思います。
46

日本赤十字では引き続き「平成28年熊本地震災害義援金」として募金を募っています。
6月初頭での総額は346,516件 153億6,724万6,153円、1件あたり平均で4万4,348円となっています。まだ募金してない方はぜひ寄付金控除制度を理解して少しでも多く寄付をしましょう。

ふるさと納税の制度を使って被災地の自治体を支援する方法については比較的多くのサイトで紹介されていると思いますので、そちらもうまく活用しましょう。震災直後にダウンしていた益城町のサイトもアクセス出来るようになっています。ふるさと納税の手続きのページは復活していますので、私も近いうちに手続きしようと思っています。なお、ページのトップに「熊本地震発生後、「ふるさと納税」についての問い合わせを多数いただいております。震災の影響により、当分の間「感謝の品(益城町の特産品)」は送付できません。ご了承ください。」と記載がありますが、まさかこの状況で特産品の有無を気にして問い合わせしてる人がいるということでしょうか。さすがにそんな人はいないと思うのですが。

 大きい余震はかなり減ってきているようですが、いまだに余震が続いている熊本を中心とした九州地域の方々には心よりお見舞い申し上げます。

メッセージ

名前
メール
本文
ランキング
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ