ここのところ何かと忙しくて新規投資関係のインプットを得る時間が作れなくなってしまっています。当面の間は、投資に関しては新規の商品や投資先を探すよりも既存の運用に関する情報の収集や見直しが中心となりそうです。現在のところ実物不動産投資(参照:不動産投資について(2) ー都内ワンルーム物件への投資ー)に関して、「追加の繰り上げ返済」と「一部売却」について検討課題としており、これから数ヶ月の間に方針を決めようと思っています。各種メディアで不動産市況に関する記事を目にしたらできるだけ読むようにしていますが、バブル・過熱感を警戒する記事が以前と比べると増えているように感じます。個人的には、首都圏の不動産については程度についての議論はあってもバブルなのは間違いない(いずれ価格調整が入る)と思っています。ただしいつ崩れるのか、どのくらい崩れるのかはさっぱりわかりません。とはいってもそろそろ何かやっといたほうが良いかもしれないと漠然と考えていて、とりあえず先ほどの2項目を検討課題して考えている次第です。考えがまとまったら記事にしようと思います。


以前弊ブログでもとりあげましたが(参照:ゴールドマン・サックスがオンラインレンディングに参入を計画)、ゴールドマン・サックスがオンラインレンディングへ参入するというニュースが昨年6月に流れました。各種記事によると当時は2016年初頭に参入見込みとの報道だっだのにも関わらず、その後特にこれと言った続報を目にすること無く時間が経過していましたが、先月(8月)サービス名称が「マーカス(Mercus)」という名称になったいうニュースが流れました。
WSJの「ゴールドマン、消費者向け融資事業に「マーカス」と名付け」によると、ネーミングに当たっての背景が触れられており、以下に引用します。
事情を知る関係者によると、同社の創業者であるマーカス・ゴールドマン氏に敬意を表してつけられたという。
シリコンバレーの新興企業を彷彿させるトレンディーな名前をつけることで、消費者はこうした取り組みに親近感を抱くかもしれない。
関係者によると、一部幹部が同商品にゴールドマンのブランド名をつけることに難色を示した。消費者の多くは依然としてゴールドマンを金融危機前の米金融業界の行き過ぎた行為と関連付けて考える。
(WSJ「ゴールドマン、消費者向け融資事業に「マーカス」と名付け」より引用)
「マーカス」が「トレンデイー」で「親近感を抱く」名前?
「トレンディー」という表現自体が既に「トレンディー」ではないのでは?というもやもやした気持ちはおいておくとしても、「マーカス」という名前で「親近感を抱く」もんなんなんですかね?ゴールドマン・サックスブランドにしない方が良いというのは分かりますが、それなら「マーカス・ゴールドマン」から名前取らないほうが良い気がしますね。

NewYork Times「 Meet Marcus, Goldman Sachs’s Online Lender for the Masses (英語)」によると、おそらく10月にはサービスが開始される見込みのようです。もうすぐですね。他のメディアも含めてざざっと目を通すと、ローン対象はプライム層、ローン規模として $15,000 から $20,000ということで、まさにレンディングクラブの主要な貸し手層と被っています。一方で、資金については投資家から募る方式ではなく、自社で調達した資金を貸し出す方式になりそうなのでそちらの面での競合は発生しない見込みです。
現状、オンラインレンディングのローンの伸びは従来型ローンから借り換え需要が中心だと思いますが、どこかのタイミングで頭打ちになるでしょうからそれまでに十分なシェアを維持できるようにしておいた企業が残っていくのでしょう。

日本でも米国の有力オンラインレンディング企業SoFiに出資したソフトバンクがみずほと提携するといった動きが報道されました(参照:日本経済新聞「みずほ、ソフトバンクと個人融資で提携へ 審査にIT活用 」)。SoFiは奨学金ローンの従来の課題を解消して、借り手にメリットを提供することで実績を伸ばしています。(参照:LendIt 2015(2)ー世界のオンラインレンディングサービスー
なお、SoFiとかいて「ソーファイ」と読みます。WiFi→ワイファイみたいな感じですね。

大手どころの市場参入は喜ばしいところではありますが、いずれもP2P型ではなくバランスシート型なので個人投資家としては果実を得ることができません。ソフトバンクらしくP2Pサービスもぜひやって欲しいものです。

ちなみに株主優待の携帯代割引目的でソフトバンクの株もちょっとだけ持ってます。