確認対象が明確になったので、続いて経営破綻リスクについてです。

ソーシャルレンディング投資にはデフォルトや延滞といったリスクがありますが、個人投資家の立場で考えると、最も避けたいのが「ソーシャルレンディング運営企業が突然経営破綻し投資元本が返ってこないこと」です。過去の金融事件でも直前まで経営状況の健全性を謳っていた企業が突然破綻して投資家が被害を被るといったケースが多いです。

元来ソーシャルレンディング事業は手数料型のビジネスモデルになっており、また手数料を稼ぐにあたって自社でリスク資産を抱える必要がありません。このため一定の手元資金を保有していれば経営を継続できますので、本来ソーシャルレンディング運営企業が突然経営が破綻するということはありえません。

そこでまず警戒する必要があるのは「ソーシャルレンディング以外の事業が突然大きな損失を出して破綻する可能性はないのか」といった点です。この懸念点は本業が別にあるUBIとSBIの2社にあてはまりますが、SBIの方は上場企業なので詳細の情報が公開されています。個人的にはあまりリスクを感じていないので詳しくは調べていませんが、、一応格付投資情報センターによると2015年9月時点でSBIホールディングスはBBBで投資適格となっています。
一方UBIはどの程度リスク資産を所有しているのか、どういう事業構造になっているのか詳細がよく分かりません。

次に、第三者から経営状況のチェックを受けている企業に投資すれば「突然の破綻」を避けられる可能性が高くなります。特に第三者が突然の破綻を避けるインセンティブを持っている場合はより有効です。このため「第三者からチェックを受ける体制があるか」「ベンチャーキャピタル等の外部資本を受け入れてチェックを受けているか」といった点が確認できると良い思われます。AQUSHとクラウドクレジットはベンチャーキャピタルのチェックを受けており、破綻の予兆を事前にチェックされ万一の場合に必要な対策(後述します)がとられる可能性が高いと思っています。

第三者による経営全般のチェックがない場合、「監査法人が監査した財務諸表」を自分で確認してリスクチェックを行う必要があります。SBIとクラウドバンクは監査法人の監査を受けた財務諸表を公開していますのでこれを行うことが出来ます。財務諸表のチェックポイントでいうと赤字か黒字かという点ももちろん大事ですが、継続性を確認する上では自己資本や流動性資産がどの程度残っているのかが確認できることがより重要だと思います。なお、自分で「黒字でした!」と言ってるような類のモノでは何の判断もできません。

UBIはいずれにも当てはまらないため、突然の破綻を防ぐ仕組みがどの程度備わっているのかが不明です。


また、「突然」破綻しなくとも、思ったように事業が進まず事業の見直しが必要になるケースも考えられます。この場合、とられる手段として資本増強、事業売却、廃業・事業整理等が考えられますがきちんと第三者のチェックを受けている場合、突然破綻することはほとんどなく手遅れになる前に資本増強か、事業売却になると考えられます。

まず資本増強ですが、一般的にはベンチャーキャピタルや大手資本から資本を受け入れることが考えられます。AQUSHやクラウドクレジットは増資にあたってはまず間違いなくこの手法がとられると思います。一方でSBIやクラウドバンクの場合、証券会社なので公募増資という手段も取ることが可能です。いずれの場合も、既存資本(株主)の意向が重要になります。ココらへんの内容は経営陣よりも株主の意向が強く働くポイントです。ですので既存資本(株主)構成がきちんと公開されているのかはものすごく重要です。私にとってはソーシャルレンディング投資にあたって最も重要なポイントの一つです。はっきり言って個別商品の利回りだの担保だのよりもよっぽど重要です。
なお、昨年から今年にかけてAQUSHとクラウドクレジットは第三者割当、クラウドバンクは公募で増資を行った実績があります。

次回に続きます。