LendItのセッションで、オンラインレンディングのセグメント、地域ごとの主要企業を紹介しているものがありました。参考までに紹介します。

◯Consumer:消費者向けローン

Lendit2

やはりLending Clubが筆頭ですが、Prosperも有名ですね。SoFiは学生向けローンで伸びている会社です。

日本でも奨学金返済問題が取り上げられることが増えていますが、米国でも結構問題になっているようです。オバマ大統領が格差是正でカレッジの無償化を目指していますが、もし実現するとSoFiのビジネスには影響があるかもしれません。来年の大統領選挙で民主が勝つと実現されるかもしれないですね。

ちなみにSoFiに投資家として参加するにはSECにAccredited Investorsとして登録されている必要があるようです。「金持ち父さん〜」でロバート・キヨサキ氏が「適格投資家」とい名称で触れてたと思いますが、資産が$1M(1億2000万円)以上あるか、年収が$200K(2500万円)という条件に合致する必要があります。そもそも米国非居住者が登録可能なのかはわかりません。SoFiへの投資は当面無理っぽいですね。

ボリュームに関しては今年$20Billionと予測されています。2.5兆円くらいです。すごいですね。運営企業の平均手数料を4%としてもこれだけで業界として1000億円の売上です。過去の累積分入れると倍程度になりそうですね。


◯Small Business:中小企業向けローン

lendit3


OnDeckが最大手で、昨年12月にレンディングクラブと前後してIPOしています。ビジネスモデルが日本のソーシャルレンディングと大きく違いますので、一度記事にまとめてみようかな、と考えています。

規模的にはCosumerの半分強で推移しています。「中小企業」と書いてますが、米国の場合は企業よりも個人事業主の利用を主要なターゲットとしている感じが強いです。「maneoの虎」とかに近いイメージでしょうか。


◯Real Estate:不動産/住宅ローン


lendit4

これからホットになりそうなスペースで、ベンチャーがしのぎを削っているところのようです。

バーゼルIIIで国債に加えて住宅ローンのリスク比率を高める議論が行われていますが、もしその方向で規制がかかれば大手銀行は住宅ローンの供給を絞ることになると思われますので、これからニーズがより増えてきそうなマーケットです。面白そうなのでちょっと調べてみようかな。


◯UK:英国の状況


lendit5

Zopaが有名ですが、取り扱いではRateSetterrがトップです。といってもFunding Circleを加えた3社は拮抗しています。
2015年で$4.4B、5000億円くらい、まずまずの規模です。


◯Chica:中国の状況


lendit6

オドロイタのが中国です。1500以上のサービスがあり、昨年1年間で$40B以上、5000億円弱の実績があるとのこと。中国だから国外からの投資は規制されてそうですね。まぁ、そもそもあの国に投資しようとは思えませんが・・・ホント普通に踏み倒しそう・・・


◯The Rest of the World:米国、英国、中国以外の状況


lendit7


いろいろありますね。当然のことながら既知だったのはクラウドクレジットが「欧州3カ国ファンド」で扱うBondoraだけです。
一見「eLoan」が日本のeLoanかと思ったのですが、ロゴが違います。ネットで調べてみると同じeLoanでもこちらでした。イスラエル!ヘブライ語ですよ、何書いてるか全く読めない。
しかし日本の企業が一社もないというのも悲しいもんです。


◯Cross Borders:他国へ進出している企業


lendit8

世界のソーシャルレンディング企業は、国境を超えて進出を始めています。やはり米国や英国からの越境が多いですが、Ldnddoのようにフィリピンからコロンビア・メキシコへ進出しているケースもあるようです。日本への進出企業は当然のようにありません。


このセッションを見て、日本のソーシャルレンディングが大きく出遅れてしまっているということを痛感しました。現状各社のローン実績合計の累計で$0.4B〜$0.5B程度でしょうか。中国の昨年1年間実績のわずか1/10です。

日本人投資家としては、やはり国内の新しい企業の誕生を期待したいです。今年になって新しいサービスを始めるところが増えてきているようですが、不動産関連投資を扱うところが多く国内の既存サービスとあまり代わり映えがしないです。各種の規制や慣習が大元の原因ではないかと思いますが、なんとかブレークスルーする企業が出てきて欲しいですね。

一方、海外への投資機会も検討していきたいとも思っています。クラウドクレジットのさらなる新しい商品を期待しつつ、今回の確認できたプレーヤーで直接投資できそうなところがないかも確認していきたいと思います。面白そうなところが見つかればまたご紹介したいと思います。