レンディングクラブではできれば8%程度の利回りを目指したいと思っていますので、B/Cグレードを中心にAやD、場合によってはEやF/Gも混ぜていくつもりにしています。
最初の$100の投資先として、B✕1、C✕2、D✕1で金利が10%を超えているものにしました。後は職業で・・

最初のローンはグレードB5、金利11.53%。ニューヨークのお巡りさんです。家の改装費用を借りたいそうです。年収$98,000(1200万円弱)、かなりもらってますね。さすがに返してくれるでしょう。
LC Police


続いてグレードC1、12.29%。ケンタッキーのお店の店長さん。年収$84,000(約1000万円)。ローンの借換えで$10,000借りたいそうです。Review Statusが「Approved」になっているものはレンディングクラブの審査が終わって貸出OKが出たということです。ここが「Under review」の場合は、投資しても審査落ちしてしまう可能性があります。必要書類「収入証明とか」ををちゃんと提出しないで審査落ちになるケースもそれなりにあるようです。

store manager

もう一個グレードC1、12.29%。カリフォルニアのステージコーディネータという謎の職業の人。年収$35,000(約400万円)、ローンの借換えで$5,100借りたいそうです。
staging cordinator

最後はグレードD1で金利15.61%。カリフォルニアのスタイリストです。年収$80,000(約1000万円弱)です。意外と稼げるんですね。ローン借り換えで$25,000希望。

 stylist

Noteを選んだら、そのポートフォリオの内容確認です。
Order1

今回選んだNoteだと平均金利が12.58%に対して、除却見込み分が5.55%、手数料が0.96%で、計算上の期待利回りは6.05%と少し控えめな値です。これまでの実績ベースの値だと5.87%〜9.17%のレンジになっているようです。もうちょっとリスクとっても良かったかな。でもなかなかの顔ぶれなので今回はこれで。Noteの数が少ないため分散されていないのも影響しているかもしれません。

内容が確認できたら「Place Order(発注)」です。発注したらそのポートフォリオに名前を付けることもできます。最初なので「1st trial」という名前にしました。
order2

発注後、NoteメニューでMy Notesを表示するとリストされています。店長とステージコーディネータは申請承認済みですが、お巡りさんとスタイリストはまだ審査中です。
order4


・・・その後1週間ちょっと経ったくらいにログインしたら以下のメッセージが。購入したNoteがやっと発行されたようです。
LC order11

2つが「Issued(発行済)」になっています。お巡りさんは「Issuing(発行中)」なのでもうすぐでしょう。スタイリストはまだ審査中のようです。

LC order12


なかなか楽しいですが、次$4,900の分を同じように一つ一つ選ぶのは無理そうですね。$25だと196個も選ばないといけません。Portofolio Builderという機能を使ってまとめて購入してみようと思います。