毎年この時期になると国税庁の確定申告書作成コーナーが更新されて、その年の確定申告書の作成やe-Tax での申告ができるようになります。e-Taxを使用せずに郵送で申告書を提出する場合も、サイト上で申告書の作成ができますので便利です。
「作成開始」からスタートして、提出方法や準備状況の確認等を行い、その後「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」作成コーナーに進みます。次の入力方法の選択ですが、ソーシャルレンディングの申告をする場合は真ん中の赤色(左記に該当しない方)で良いと思います。
確定申告0
年末調整後の源泉徴収票にしたがって、給与や社会保険、配偶者や扶養親族といった情報を入力していくと、任意で入力項目を選べるようになります。ソーシャルレンディングの配当金は「雑所得」の「その他」が該当しますので、クリックします。
確定申告1

ページの入力案内に入力の仕方が記載されていますので、入力をします。
確定申告2
私の場合以下の内容で入力しました。

種目:分配金
名称:支払調書に記載されている企業名
場所:支払調書に記載れている住所(一部省略)
収入金額:支払調書に記載されている年間税引前配当金
必要経費:特に発生していないので未記入
源泉徴収税額:支払調書に記載されている源泉徴収税額

確定申告3

記入が終わったら、ページ下にある「入力終了(次へ)」で先ほどのページ戻りますが 、先ほど空欄だったところに収入金額が入力されています。
以上で完了、思ったより簡単です。

後は、最初に選んだ提出方法に従ってそのままオンラインで提出するか、印刷した上で郵送あるいは税務署へ持参となります。

ちなみに海外口座の配当は雑所得でソーシャルレンディングと同じなので簡単、ふるさと納税控除、寄付控除も難しくありません。外国税額控除は数が多いと準備が面倒ですね(還付なので面倒でもやりますけど)。不動産収支は自分でやらずにプロにお願いした結果を入力しています。

しかし、ソーシャルレンディングの分配金も他の主要な金融商品と同等に源泉分離課税にしていただきたいものです。