11月初旬のある日、知人からSMSでメッセージが届きました。
Initiative Q は元 PayPal の開発者達による、1950 年代に開発されたクレジットカードに代わる新しい決済システムを開発するための取り組みです。このシステムは Q という独自の通貨を使用し、準備ができ次第人々がこのシステムを使い始めるように、現在サインアップした人々に Q を無料で配布しています (参加者が増えれば増えるほど金額が減っていくため、早く参加したほうがお得です)。サインアップは無料で、必要なのは名前とメールアドレスだけです。失うものは何もなく、この決済システムが世界の主流決済手段となった時、予約された Q の価値が非常に高くなります。

これは私の招待リンクです: https://initiativeq.com/invite/xxxxxxxxxx

このリンクは私の招待者数が制限に達した時点で失効します。こちら側で登録を確認する必要がありますので、登録したらお知らせください。
一読して「なにコレ、怪しすぎる、リンククリックして大丈夫か?」と怪しみつつも、送信元の知人がそっち方面で国際的に活躍している人物なのでとりあえずみてみることにしてみました。

サイトの説明をみるとメッセージにある通りInitiative Qという新しい決済システムの構築を目指しているプロジェクトのようで、準備期間の今であれば名前とメールアドレスを登録するだけで「Q」という決済通貨を入手できるということです。ただし登録するには必ず誰かからの招待が必要なので、すでにネットワークに参加している知人を見つけて招待を送ってもらう必要があります。

このプロジェクトの企画者はSaar Wilfというイスラエルの人らしく、サイトの説明ではFraud Sciencesという金融詐欺・不正検知ソリューション企業の創業者で、その後PayPalに会社を売却したようです。サイトにはLinkedInの本人のプロファイルへリンクがあり、そっちをみてみるとIntiative Qプロジェクト以外にエンジェル投資家としていろんなスタートアップに投資しているようです。たまたまMutual Connections(相互につながっている知人)が二人いたのですが、この二人はイスラエルでそれぞれ別に複数回起業しているシリアルアントレプレナーで身許のしっかりした人物です。全くつながりが無いよりはマシ程度ですが、ちょっとだけ安心?材料かな。
他にもざっと調べてみた範囲では特に怪しい感じの人物ではありませんでした。
BlogPaint

まぁ、実際登録に必要なのは名前とメールアドレスだけなので、念のために捨てアド使っておけばこれといった被害につながることはないかな、ということで登録してみました。サインアップするとすぐに約3,000Qを獲得できて、その後知り合いにメッセージを送ってその人がサインアップすると約2,500Qずつ獲得できる仕組みのようです。まさにネズミ講方式ですが、ネットワークを広げていくには良い手法かもしれません。

現状私の送った招待で知り合いが10人近くサインアップしたので、残高が25,000Qを超えました。将来的には1Q=1USDを目指しているようなので、将来的に$25,000相当(280万円くらい)の価値になるそうです。ホンマかいな。なお、実際に使えるようになるのは2021年後半が目標のようです。
Q2
————————————————————————
本気で新しい決済ネットワークを作ろうとしているのか、あるいは別の良からぬことを考えているのか、まったくもって分かりません。
最近イスラエルのスタートアップのビジネスサポートもしている関係でイスラエルの起業家に会う機会が増えているので、今度彼らの意見も聞いてみようと思います。

招待メッセージを受け取った人は慎重に判断しましょう。